ブルーベリーが目に効くアイケアサプリメントに使われる理由 イギリス人パイロットのおかげ?!

よしまさ

ベリーおじさん、こんにちは。

ベリーおじさん

よしまさ君かい、どうしたんじゃ?

よしまさ

最近かすみ目なのでブルーベリーのサプリメントを飲むか迷っています。ブルーベリーって目にいいのですか?

ベリーおじさん

そうじゃな。ブルーベリーに含まれておるアントシアニンが目にいいと言われておるぞ。

よしまさ

アントシアニンってなんですか?

ベリーおじさん

アントシアニンとはポリフェノールの一種で紫色、青色、赤色の天然の色素の事じゃ。

よしまさ

そうなんですね。そのアントシアニンが目にいいということですね。

ベリーおじさん

そうじゃ。アントシアニンが網膜にあるロドプシンという光を合成するたんぱく質の再合成に関わっておるのじゃ。

目にいいサプリメントを選ぶ時にはそのアントシアニンが含まれておるのか確認するとよいぞ。

ブルーベリーがサプリメントに使われる理由

ブルーベリーが目にいいという事が世界的に広まった有名な話があります。

それは戦時中に、夜でも視界がとてもよく見えるというイギリス人パイロットがブルーベリージャムをたんまりのっけたパンをいつも食べていたというのです。

それ話があって以来ブルーベリーが目にいいという事が知れ渡りました。

その後研究が進むにつれてブルーベリーのアントシアニンが目にいいということがわかってきました。

アントシアニンとはポリフェノールの一種で青紫の元になっている色素の事です。ブルーベリーの色を形作っているものですね。

アントシアニンには、目でみたものを脳に伝達する物質であるロドプシンの再合成を促進する働きがあります。

ブルーベリーはアントシアニンの他にも、食物繊維やビタミンE、ビタミンC、鉄分、ビタミンB6、マグネシウムなどの栄養も含まれています。

ブルーベリーは皮もむかずに洗うだけで気軽に食べれるので普段から積極的に食べたいフルーツですね。

栽培も鉢植えでなければ比較的簡単なので庭でブルーベリーを育てるのも毎年の収穫の楽しみができて面白いです。

ブルーベリーの写真

6月のブルーベリーです。そろそろ青くなってきます。

まだまだ緑色ですが、赤くなってきたものもちらほら見られるようになってきました。

この粒がきれいな紫いろに変わってきます。

7月のブルーベリーです。きれいに赤くなってきました。

7月になるとおいしそうな紫色になってきます。アントシアニンも沢山含まれています。

紫いろの物だけ選んで摘んでみました。甘さもありおいしいです。

ブルーベリーは8月頃が甘くて食べごろです。

殆ど紫いろになり食べごろです。

甘くておいしいです。アントシアニンも豊富に含まれているので目にもよさそうです。

当ブログおすすめのアイケアサプリメント

スマホえんきん




スマホの見すぎで目がかすむ ・パソコン仕事で目がつらい ・夕方、しょぼしょぼする方におすすめのサプリメントです。

始めて目のサプリメントを飲む方におすすめなのがファンケルの商品です。大手なので安心して飲めるというのと初回の値段が格安です。注文してからも営業の電話がくるわけでもなく通販独特の怪しさがありません。

始めてアイケアサプリメントを購入してみようかと検討している人は是非試してみてください。

公式サイト:スマホえんきん


日本初!目の機能性表示食品!【えんきん】




【えんきん商品概要】
えんきんは日本初の目の機能性表示食品です。ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれるので、手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

[機能性関与成分/1日2粒当たり]
ルテイン:10mg、アスタキサンチン(フリー体として):4mg、シアニジン-3-グルコシド:2.3mg、DHA:50mg

ファンケルのスマホえんきんで物足りない人はえんきんがおすすめです。

公式サイト:えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です